マスクを着けても「表情」と「声」が相手に伝わる2つのポイント

最新ニュース
新型コロナウイルス感染症(covid-19)の流行で、マスクは生活の必須アイテムになりました。この記事では、拙著『オンラインでも好かれる人・信頼される人の話し方』から、さまざまなシーンで活用できる「マスク着用時のコミュニケーションのポイント」を紹介します。マスクの着用機会が増えたことで「表情が見えにくい」「声が届きにくい」といったコミュニケーションの問題が出てきているのも事実。私たち日本人が得意とする、「察すること」や「空気を読むこと」がマスクをしていると困難になるため、普段は持ってしまいがちな「多くを語らずとも、相手に察してほしい」という気持ちをいったん捨てる必要があるでしょう。
Source: LIMO

リンク元

Copied title and URL