スズキが軽自動車の電動化促進を掲げた理由と、立ちはだかる壁とは

最新ニュース
自動車メーカーのスズキは2021年2月24日に発表した「中期経営計画(2021年4月~2026年3月)」にて、「走行時CO2排出につきましては、2025年までに電動化技術を整え、2025年から電動化技術を製品に全面展開、2030年からは電動化製品の量的拡大を図ってまいります。」と、軽自動車も含めた電動化促進を明言しました。しかし、軽自動車の電動化にはいくつか障壁があり、一筋縄ではいきません。スズキの直近業績を振り返りつつ、その障壁について解説します。
Source: LIMO

リンク元

Copied title and URL