新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAの不具合を長期放置。開発体制の課題を考察

最新ニュース
2021年2月に新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のAndroid版にて不具合が判明したことは記憶に新しいと思います。本件は2020年9月に発生した不具合が5か月も放置され、発覚しなかった点が大きな課題です。なぜこのような事態になったのか、開発体制もあらためて含めて解説します。
Source: LIMO

リンク元

Copied title and URL