不動産投資で起こりやすい5つの失敗事例は?事前の対策や注意点も

最新ニュース
不動産投資は定期的な収入を見込める投資方法です。株式投資やFX投資と比べて日常的な取引作業を必要とするわけではなく、手間となる物件の管理業務も外部に委託でき、日中仕事のある方でも取り組みやすいメリットがあります。
しかし、不動産投資は投資資金を回収できない元本割れのリスクがあります。物件の選び方や運用方法を間違えれば赤字経営になる可能性もあり、処分したくても買い手が見つからないケースもあります。
そこでこの記事では、不動産投資で起こりやすい5つの失敗事例と事前の対策や準備について詳しく解説します。不動産投資を検討している方はご参考下さい。
【投資初心者向け】0から学べる不動産投資セミナー7選
目次
不動産投資の5つの失敗事例
1-1.表面利回りだけで物件を選ぶ
1-2.維持費用を考慮せず安い物件を購入する
1-3.出口戦略を立てない
1-4.サブリース契約の内容をよく確認しない
1-5.物件管理に必要な経費を惜しんでしまう
不動産投資で失敗しないための事前準備・対策
まとめ
1.不動産投資の5つの失敗事例
不動産投資は、目先の利益だけで物件を選んだり、購入後の経営をおろそかにしたりすると失敗することがあります。具体的な失敗事例から確認してみましょう。
1-1.表面利回りだけで物件を選ぶ
不動産の収益性を表す指標として投資に対するリターンの割合を表す「利回り」という指標があります。
しかし、表面利回りで物件を選ぶ際は注意も必要です。物件情報サイトに記載されている表面利回りは、物件の維持管理にかかる諸費用や税金、ローンの返済分などは考慮されていないためです。
また、不動産経営は入居者が見つからない空室リスクを伴います。入居者が見つからなければ家賃収入を得られないので、ローンの返済などは貯金などから工面しなければならなくなります。
高利回り物件は、購入時に空室で、家賃も相場よ

リンク元

Copied title and URL