遺産分割協議書を作る手順は?相続の開始から相続財産の確認方法まで解説

最新ニュース
遺産分割協議協議の後には、遺産分割協議書を作成しますが、遺産分割協議には相続人全員が参加するといったルールがあり、遺産分割協議書は相続人全員が押印・署名を行う、印鑑証明書が必要などの規定があります。
相続ではあらかじめ流れを知っておくことでスムーズな手続きが可能となり、遺産分割協議書の手順や作成方法を把握する事で後のトラブルが少なくなる可能性があります。
そこでこの記事では、遺産分割協議までの流れと遺産分割協議書の作成方法や手順、遺産分割協議書作成後の流れをお伝えしていきます。
相続不動産を査定する手順は?
目次
遺産分割協議までの流れ
1-1.相続開始
1-2.遺言書の有無を確認
1-3.被相続人の財産を確認
1-4.相続財産の評価
1-5.相続の放棄・限定承認の手続き(3ヵ月以内)
1-6.被相続人の準確定申告(4ヶ月以内)
1-7.遺産分割協議・遺産分割協議書の作成
遺産分割協議書を作成する方法と手順
遺産分割協議書作成後の流れ
まとめ
1.遺産分割協議までの流れ
一般的な遺産分割協議書を作成するまでの流れは以下の通りとなります。
相続開始
遺言書の有無を確認
被相続人の財産を確認
相続財産の評価
相続の放棄・限定承認の手続き(3ヵ月以内)
被相続人の準確定申告(4ヶ月以内)
遺産分割協議・遺産分割協議書の作成
1-1.相続開始
被相続人が亡くなった時に相続開始となります。7日以内に死亡届を届出人の所在地にある役所又は被相続人が亡くなった場所・本籍を管轄する役所に提出しましょう。
1-2.遺言書の有無を確認
被相続人が遺言書を残していないか確認しましょう。遺言書は自宅といった被相続人にとって身近な場所だけでなく、公証役場や法務局に保管されている可能性があります。
遺言書を見つけたら開封せずに家庭裁判所で「検認」の手続きを行いましょう。ただし遺言書が法務局・公証

リンク元

Copied title and URL