土地活用、定期借地と定期借家の違いは?メリット・デメリットを比較

最新ニュース
土地活用には、大きく分けて定期借地と定期借家の2種類があります。定期借地は土地のまま、定期借家は建物を建てて貸し出し、賃料収入を得る活用方法です。
似た言葉で混同されることの多い2つの契約ですが、メリット・デメリットやリスクには大きな違いがあります。土地活用を検討するのであれば、これらの違いについて理解し、それぞれ適した手段を選択することが重要になります。
そこでこの記事では、定期借地と定期借家の違い、それぞれのメリットとデメリットを解説します。土地活用の方法を検討していた方はご参考下さい。
HOME4Uのウェブサイトで土地活用を比較する
目次
定期借地とは
1-1.定期借地のメリット
1-2.定期借地のデメリット
定期借家とは
2-1.定期借家のメリット
2-2.定期借家のデメリット
目的に応じて選び分けることが重要
まとめ
1.定期借地とは
定期借地とは、事前に定めた期間だけ、土地を第三者に貸すことです。土地を貸した地主は、借主から賃料を受け取れるという仕組みです。
定期借地は「一般定期借地」「建物譲渡特約付借地」「事業用定期借地」の3つがあります。それぞれの特徴をまとめると以下の通りです。

一般定期借地
建物譲渡特約付借地
事業用定期借地

契約期間
50年以上
30年以上
10年以上50年未満

利用目的
制限なし
制限なし
事業用

契約終了時
更地で返還
地主が建物を買取
更地で返還

建物譲渡特約付借地は、一般定期借地とは異なり契約終了時に地主が建物を買い取るため、地主の負担が大きくなります。また、事業用定期借地は、利用目的が事業用に限られるのが大きな違いです。
定期借地のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。
1-1.定期借地のメリット
定期借地のメリットとして、以下の3つが挙げられます。
継続的な長期間の収入が期待できる

リンク元

Copied title and URL