お値段48万円…中国「格安EV」の実力とは 航続距離120km キャッチフレーズは“人民の足”

最新ニュース
1: 稼げる名無しさん 2021/04/01(木) 07:55:19.08 ID:Jc3Sk6iJ9.net ※FNN 電気自動車の価格破壊。 48万円の中国製格安EVの実力とは。 日本の軽自動車の規格より、50cm短い全長2.9メートルで、4人乗り。 2020年7月に発売以来、すでに20万台が売れたという「宏光ミニEV」。 あの「テスラ」を超えて、今、中国で1番売れている電気自動車。 人気の理由は、日本円でおよそ48万円からという格安価格で、キャッチフレーズは“人民の足”。 運転席の前には、小型の液晶画面が1つ。 安っぽさをそこまで感じさせない、シンプルなデザイン。 実際に運転してみると、キーンという音がするが、電気自動車なので静か。 少しアクセルを踏み込んでみると、すごく加速がいいというわけではないが、すぐに時速50km程度に達した。 この“中国人民の足”、安さの理由は、通勤や買い物など、日常の足として割り切った性能。 安いタイプの電池を使い、航続距離は最長120km。 旅行先などで便利な急速充電には対応していない。 上汽通用五菱自動車・張益勤氏「宏光ミニEVは市内の短距離移動用に作ったもので、長い航続距離や必要以上のハイテクはいりません。わたしたちは、この自動車の海外進出を積極的に進めます。わたしたちの目標は、(宏光ミニEVを)世界に広げて、世界の人民の足になることです」 脱炭素で、普及が加速する電気自動車。 中国発の格安EVが、台風の目になるかもしれない。 この中国の“格安EV”について、フジテレビの風間晋解説委員に聞く。 フジテレビ・風間解説委員「中国は、地域による経済格差が大きいので、格安の車への需要もまた大きいと思いますが、もう1つ見逃せないのが、中国政府の産業政策です。2025年の、国内の新車販売台数に占めるEVなど新エ

リンク元

Copied title and URL