みにくいアヒルの子―ブール代数より[森晃]

FXトレンドニュース
 初めて米国で生活を始めたときに、非常に驚いたことがある。筆者の周りの米国人が、一体全体、毎日どれだけのコーヒーを消費するのだろうと思うぐらい大量のコーヒーを飲むことである。しかし、調べてみると(画像①)、1人当たりのコーヒー消費量が世界で一番多い国は、2884杯を消費するルクセンブルクであることが分かった。計算すると、1日1人当たりで約8杯飲んでいる。米国は10位以内に入るかと思いきや20位で、1年1人当たり411杯の消費量である。
 ちなみに、日本は30位で1年1人当たりの消費量は340杯であった。個人的なことであるが、家での朝食は小さいパンケーキとコーヒーである(クラブのラウンジでの朝食は、デニッシュ、カットフルーツ、コーヒーである)。家の外では、胃が荒れるのを避けるために紅茶を飲むように心がけている(ティーバッグの紅茶のため全くおいしくないのだが、その味にもすっかり慣れてしまった)。
みにくいアヒルの子
 野村総合研究所の研究員が『数理の窓:醜いアヒルの子の見分け方』というコラムを書いていたので本誌でも紹介したい。
 この世界には、「カエル:A」「バッタ:B」「サンショウウオ:C」「カエルの置物:D」しかいないと仮定しよう。どれが「同じ特徴を持つ」のかを読者の皆さまと考えてみたい。
 カエル:Aとバッタ:Bの似た特徴は「跳ねる」、というように「特徴」について考えられる組み合わせは、(A)、(B)、(C)、(D)、(AB)、(AC)、(AD)、(BC)、(BD)、(CD)、(ABC )、(ABD)、(ACD)、(BCD)、(ABCD)の15種類である。例えば、(ACD)は「両生類」、(ABC)は「生き物」、(AC)は「泳ぐ」である。
 この中で、カエル:Aとバッタ:Bに共通する組み合わせは、(AB)、(ABC)、(ABD)、(ABCD)の四つである。次に、サンショウ

リンク元

Copied title and URL