【重要ニュースまとめ(3/25~3/31)】FATFガイダンス修正案に各国団体から指摘が集まる。VisaがUSDCに対応、ステーブルコイン決済導入へ

最新ニュース
今回は、3月25日〜3月31日の暗号資産・ブロックチェーン業界の重要ニュースについて、田上 智裕 氏(@tomohiro_tagami)に解説していただきました。
目次
FATFガイダンスの修正案に各国業界団体から指摘
アフリカ初のDeFiプロトコルがローンチ
Visaがステーブルコイン決済を導入
まとめ、著者の考察
今週(3月25日〜3月31日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、FATFガイダンスの修正案に対する各国業界団体からの指摘や、アフリカ初のDeFiプロトコルなどが話題になりました。また、VisaがステーブルコインUSD Coin決済に対応するなど、着実に実用化が進んでいる気配を感じさせます。本記事では、1週間の重要ニュースを解説と共におさらいしていきます。
FATFガイダンスの修正案に各国業界団体から指摘
2月に発表されたFATFガイダンスの修正案について、米国の業界団体であるCoin Centerが問題点を指摘しました。日本からも、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)がパブリックコメントの募集を行なっています。
以前のまとめ記事でも紹介した通り、今回の修正案では暗号資産に関して主に次のような内容が盛り込まれました。
ステーブルコインに対するFATF基準の適用
公的部門および民間団体がトラベルルールに対応するための具体的な方法
P2P取引に存在するリスクへの対応
これに対して真っ先に意見を述べたのがCoin Centerです。Coin Centerは、世界で最も有名な業界団体であり、BitGoやDCG、Grayscale、Kraken、Squareなどが資金提供を行なっています。
Coin Centerは、今回の修正案についてプライバシーとイノベーションを著しく阻害するとの問題点を指摘しました。具体的には、Non-Custodianへの監視強化による分

リンク元

Copied title and URL