FXで買ったら下がる・売ったら上がる原因と対策法をわかりやすく解説

FXトレンドニュース
「なぜかエントリーしたら反対方向に動いた」と、まるで誰かがタイミングを見計らったかのような値動きは珍しくありません。
反対方向になる原因を知らずに、勘や経験に頼ったトレードを続けると損失を出し続けてしまうでしょう。
とくに初心者は買ったら下がる・売ったら上がるを繰り返し、損失を出すトレードになりやすいです。
この記事ではエントリー後の反対方向に動く原因から対策法までを解説し、リスクを抑えたトレードの実現方法を紹介します。
FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説
FXで買ったら下がる・売ったら上がる原因とは
注文した途端に値動きする原因は、エントリーのタイミングを間違えているためです。
トレンドの終わるタイミングや、為替相場の状況を読まずにエントリーしている場合が多いです。
他にはプロのトレーダーの思惑通りにトレードを行ってしまい、反対の買いと売り注文を行って損失を出してしまう人も少なくありません。
とくにFX初心者は上昇トレンドを見つけた場合に買い注文を入れたり、下降トレンドになった途端に売り注文を入れて損失を出す可能性が高いです。
FXは大衆心理を理解する必要がある!チャートから思考を読む方法・トレードに取り入れて勝つコツ
トレンドの最終局面でエントリーしている
トレンドの最終局面は価格の上昇や下落の一歩手前なので、エントリーした直後の値動きに巻き込まれやすいです。
利確や損切りを狙った他のトレーダーたちの注文が殺到している状態です。
トレンドの最終局面はプロのトレーダーが注文を待機していることを認識しないと、損失を出すトレードを続けてしまうでしょう。
また相場には「だまし」に巻き込まれて失敗する人は多いです。だましとはセオリー通り動くと見せかけて、チャートを反対方向に動かす手法です。
トレンドの最終局面は多くのトレーダーが参加しており、同

リンク元

Copied title and URL