金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)|第13回[YEN蔵]

FXトレンドニュース
※この記事は、FX攻略.com2021年2月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。


Contents
米大統領選挙後にリスクオンが加速バイデン政権の重要閣僚人事政権交代と金融市場米財務長官が果たす大きな二つの仕事ドル安と米国債のかじ取りに注目米大統領選挙後にリスクオンが加速
 この原稿を書いている12月初めの時点で正式な米大統領は決定していません。ほぼバイデン氏が確定との判断で良いと思いますが、トランプ大統領は敗北宣言をしておらず、法廷闘争も続いている状態です。しかし、世間も金融市場もバイデン新大統領で動いていますので、それを前提として市場が動いているとみて良いでしょう。
 次期大統領への道筋がついたのは米政府一般調達局(GSA)の動きです。通常であれば米大統領選の対立候補が敗北宣言をした直後にGSA局長が勝者を認定します。これは政権交代に必要な予算は、GSAが正式認定するまで利用できないので政権移行に必要な作業が行われないからです。11月23日にトランプ大統領がGSAのエミリー・マーフィー長官に対してバイデン氏の政権移行を容認したことで政権移行の流れが加速しています。
バイデン政権の重要閣僚人事
 トランプ大統領の容認でバイデン氏側は高度な機密情報の入手や7億円超の政府資金の活用が可能になり、新型コロナウイルス対策や安全保障の協議開始ができるようになりました。
 そのような中でバイデン政権の人事が徐々に決まってきています。まず、注目の財務長官にはイエレン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長が指名されました。財務長官の人事は非常に重要でマーケットにも大きな影響を与えます。
 グリーン・ニューディールなど巨額の投資が必要なバイデノミクスにとって財務長官は重要なポストです。米民主党はバイ

リンク元

Copied title and URL