bitFlyer、経営再編で初となる外国人取締役が新たに就任

仮想通貨
bitFlyerが経営再編で外国人取締役が就任
bitFlyer(ビットフライヤー/東京都港区赤坂)は、林邦良代表取締役に代わり、最新の経営再編で同社初となる外国人取締役が新たに就任したことが分かった。
東京に本社を置くグローバル暗号通貨会社bitFlyerおよびbitFlyer Holdingsは、約2年ぶりに経営再編を実施。林邦良代表取締役が新たに代表取締役兼事業戦略本部長兼システム開発本部長兼人事総務本部長に就任。関正明取締役兼リスク・コンプライアンス本部長兼財務経理本部長が新たにオペレーション本部担当も兼任。さらに、bitFlyerUSAの最高執行責任者であるジョエル・エジャトン(Joel Edgerton)氏が取締役兼グローバルビジネス推進室長を務める。また、bitFlyer Holdingsで執行役員兼グループ事業戦略担当を務め、bitFlyerにて執行役員兼事業戦略本部長を務めた永沢岳志氏が4月1日付で退任し、bitFlyer Holdings社の執行役員兼セールストレーディング室長として加藤崇昭氏が就任した。
【仮想通貨取引所】bitFlyerの特徴・詳細2018.03.17
bitFlyerはなぜこの時期に経営再編を実施したのか
bitFlyerは、平成29年9月29日付で関東財務局長第00003号にて金融庁へ登録済みの日本を代表する仮想通貨取引所である。現在、世界中で250万人を超えるユーザーがおり、日本、米国、およびEU(欧州連合)でライセンス供与されている。
この最新の経営陣の変更は、企業内の不安定さを表しており、アジア圏でメディア展開する日経は、かつての代表である加納氏を代表の座から降ろしたことで、コースから外れていることをbitFryerが観察するように促している。しかし、エジャトン新取締役兼グローバルビジネス推進室長はCoinDeskに、

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL