フォーブス、2021年世界で最も裕福な人々のリストを発表

仮想通貨
世界で最も裕福な人物をフォーブスが発表
米国の経済雑誌であるフォーブス(Forbes)が、2021年版の世界で最も裕福な人々のリストを発表した。
フォーブスによると、急速な公募、仮想通貨の急騰、株価の高騰が見られたCOVID-19パンデミックという世界的な混乱の年に、世界で最も裕福な人々の数は86%も増加するという、驚異的な現象が起こっている事を明らかにした。発表されたリストには、2,755人の億万長者が含まれており、493人の人が同リストに初めて名前があがった。富豪リストの数は昨年より660人多くなっており、フォーブスによると、純資産は1,770億ドル(約19兆4,400億円)で、4年連続で世界で最も裕福な人物として、アマゾン創設者であるジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏が1位に挙げられ、続いて、スペースX社とテスラ社のイーロン・マスク(Elon Musk)氏で、純資産は1,510億ドル(16兆5,880億円)とのこと。
3番目のスポットは、純資産が1,500億ドル(約16兆4,730億円)のベルナール・アルノー(Bernard Arnault)氏とその家族で、アルノー氏は、ルイ・ヴィトンやセフォラなどのブランドを含む、フランスを拠点とするファッション帝国LVMHを監督していル人物だ。
上位100億万長者のうち8人は米国出身で、4位以下は次の通りだ。

第4位
ビル・ゲイツ(Bill Gates)氏:Microsoft

第5位
マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏:Facebook

第6位
ウォーレン・バフェット(Warren Buffet)氏:Berkshire Hathaway

第7位
ラリー・エリソン(Larry Ellison)氏:Oracle

第8位
ラリーペイジ(Larry Page)氏:Google

第9位

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL