BitMEXのアーサー・ヘイズ元CEO、米国規制当局の告発に降伏

仮想通貨
アーサー・ヘイズ元BitMEXCEOが規制当局に降伏
BitMEX(ビットメックス)のアーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)共同創設者兼元CEO(最高経営責任者)は、銀行秘密法違反で起訴されていたが、米国当局に降伏した事が分かった。
Latest BitMEX news: Arthur Hayes is expected to surrender to US in Hawaii on April 6. Greg Dwyer declined to surrender and US launched extradition proceedings for him from Bermuda. Ben Delo will surrender in NY before end of March.
— Pavel Pogodin, Esq. (@ppogodin) March 3, 2021

4月6日(火曜日)のブルームバーグの報道によると、シンガポールに住んでいたヘイズ元CEOは、以前、ハワイの連邦判事の前に現れ、米国の検察官との事前取り決めの一環として、1,000万ドル(約10億円)の公債で釈放され、舞台をニューヨークに移して訴訟手続きが実施される。
同氏は、当局は、BitMEXが米国の個人投資家に違法なオプションとレバレッジ取引へのアクセスを故意に提供し、意図的に適切な顧客確認チェックをプラットフォームに入れなかったと主張しましているほか、金融機関がマネーロンダリングを防止するための措置を講じることを要求する銀行秘密法に違反したとして非難され、共同創設者のベンジャミン・デロ(Benjamin Delo)とサミュエル・リード(Samuel Reed)とともにニューヨークで裁判にかけられる予定だ。
(function() { var s

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL