【大阪府】 午後9時すぎ、時短営業に従わない居酒屋はたくさんの客で賑わっています

最新ニュース
1: 稼げる名無しさん 2021/04/07(水) 18:46:52.06 ID:gvBi6Bcu9.net 4月5日から大阪市内の飲食店では、時短営業や感染対策を行わない場合、 20万円以下の過料が科されることになりました。 大阪・ミナミの居酒屋 竜田屋では府の要請に従い、急遽、アクリル板などを追加発注。 全部で約13万円かかりました。 【居酒屋竜田屋 中西佑哉店長(40)】 「これでも、一個1万2800円とかなんで」 しかし、ある問題が… 大阪府がマニュアルでアクリル板の高さを床から140cm以上と示したのは、4月5日。 アクリル板の設置が必要となる当日のことでした。 【居酒屋竜田屋 中西佑哉店長(40)】 「うちのアクリルの高さで130cmですね。140っていったらこれにプラス10cmなんで、もう壁ですよね」 大阪府は4月7日、4月1日以降に購入したアクリル板など感染対策の費用について、上限10万円まで支援する方針を示しましたが、 この店のアクリル板が対象になるかは不透明です。 場所はミナミの一等地、家賃は1ヵ月で110万円に上ります。 家賃の支払いにあてたいと考えていたのが、時短営業の協力金です。 【居酒屋竜田屋 中西佑哉店長(40)】 「協力金もいつ入るかも分からないような状態、今年の1月の分がまだ入ってなかったりもするんで、いつ振り込まれるのかっていうのもちょっと知りたいですね」 去年借り入れた5000万円を取り崩しながら、家賃の支払いなどにあてています。 まもなく閉店時間の午後8時ですが、店は開いているかと訪ねる人たちが数多くいます。 【居酒屋竜田屋 中西佑哉店長(40)】 「ごめんなさい、もう終わりなんですよ今日、もう時短営業でね、8時までなんですよ。みんなお店を開けてたら、何の意味もないんで、我慢しながら協力はして

リンク元

Copied title and URL