拡大する福岡圏の物流マーケットにデベロッパーも注目。CBRE特別レポート

最新ニュース
福岡圏のロジスティクスマーケットでは、大型の開発計画が増えている。CBREグループの日本法人であるシービーアールイー株式会社(CBRE)が4月6日発表した特別レポート「拡大する福岡圏ロジスティクスマーケット」では、大型マルチテナント型物流施設(LMT)のストック増加率は、2015年から20年までの年平均7%に対し、21年から23年は同18%に上昇した。大手企業の大規模ニーズが需要をけん引しており、LMT空室率は19年第2四半期以降0%が続き、実質賃料は急上昇。デベロッパーが投資しやすい環境が整ってきたと見られる。
福岡圏のロジスティクスマーケットでは大型の開発計画が増えている。LMTを対象とした集計では、ストックの増加率は15年から20年までの年平均7%に対して、21年から23年のストック増加率は年平均18%と倍以上に高まっており、同社は「17年に竣工した物件の空室消化に時間がかかったこともあって開発意欲はここ数年限定的だったが、今後は拡大ペースが加速する」と見る。
福岡圏のマーケットに注目が集まるのには、いくつか理由が考えられる。まず、旺盛な需要を背景とした空室の極端な減少だ。17年第三四半期に15.2%まで上昇したLMTの空室率は、その後急速に低下、19年第2四半期以降20年第4四半期まで0%が続いている。 20年第3四半期に竣工した1棟も満室稼働だった。21年に竣工する予定の物件3棟はいずれ も満床となる見込みで、中小型の既存施設でも、まとまった空室はほとんどない状態という。
2つ目としては、全国に拠点を持つ大手企業からの需要が、福岡を含む地方都市において増えていることが挙げられる。こうした企業は、全国で在庫管理や物流網の再構築を図っており、その施策が福岡圏でも形になって表れてきている。自然災害の頻発によるサプライチェーンの寸断やドライバー不足による輸送費の高騰も、こ

リンク元

Copied title and URL