RippleX、XRPLedger用のPythonライブラリを発表

仮想通貨
RippleXがXRPLedger用のPythonライブラリを発表
Ripple Labs Inc.によって構築された金融向けのオープン開発者プラットフォームであるRippleXが、XRPLedgerと対話するための純粋なPython実装であるxrpl-pyの立ち上げを発表したことが新たに分かった。
開発者がGitHubでテストして貢献できる新しいライブラリは、XRPLedger実装のより難しい側面のいくつかを簡素化。シリアル化やトランザクションなどの機能のコードは、XRP LedgerトランザクションのネイティブPythonメソッドとモデル、およびISC(Internet Software Consortium)ライセンスで動作するRippleのオープンソースサーバーソフトウェアのコアサーバーAPIオブジェクトでトランスコードされている。
1994年にグイド・ヴァン・ロッサム(Guido van Rossum)氏によって作成されたPythonは、複数のプログラミングパラダイムを簡素化およびサポートするように設計された動的なオブジェクト指向プログラミング言語だ。その設計と哲学は、現代のプログラミング言語に影響を与え続け、現在、世界で最も人気のあるプログラミング言語の1つである。RippleXは今回の発表にともない、ブログの中で次のように語っている。
機械学習に取り組んでいるデータサイエンティストとエンジニアは、Pythonベースのツールキットの一部としてこのライブラリを使用することで、XRP Ledgerの操作と構築がはるかに簡単になるでしょう。
初心者にも優しいxrpl-py
RippleXはJavaScriptとJava用のみで、これらは開発者がアプリケーションの作成に使用している可能性のある他のフェブテクノロジーにあまり馴染みがないかもしくはサポートされていない言

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL