オーナーズブックの業績は?2020年12月期決算資料を解説

最新ニュース
オーナーズブック(OwnersBook)は、ロードスターキャピタル株式会社が運営するソーシャルレンディングです。累計200億円以上の募集実績(2021年3月末時点)があり、日本のソーシャルレンディングの中でも人気の高いサービスの一つと言えるでしょう。
比較的に新しい投資方法であるソーシャルレンディングでは、事業者が適切な運営状況であるかどうかという点も、投資判断を行ううえで重要なポイントとなります。決算情報から、運営元の業績や今後の展開を詳しく確認してみましょう。
本記事では、オーナーズブックの運営元、ロードスターキャピタル株式会社の業績について説明していきます。オーナーズブックでの投資を検討している方はご参考下さい。
オーナーズブックのウェブサイトを見る
※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。
目次
ロードスターキャピタルの2020年12月期の決算
1-1.連結損益計算書
1-2.連結貸借対照表
1-3.不動産事業の実績
1-4.オーナーズブック(OwnersBook)の実績
オーナーズブック(OwnersBook)の運営状況
まとめ
1.ロードスターキャピタルの2020年12月期の決算
オーナーズブック(OwnersBook)を運営するロードスターキャピタル株式会社は、2021年2月12日に2020年12月期決算を発表しました。
連結ベースでは数字を大きく伸ばしており、前年比で売上高は+12%、税引前当期純利益+30%、当期純利益+30%です。コロナ渦において、クラウドファンディング事業の売上高は微減となりましたが、全体では売上高・利益は2桁成長となっています。
コーポレートファンディング事業(不動産投資・管理運用)はコロナ

リンク元

Copied title and URL