【重要ニュースまとめ(4/1~4/7)】NFT市場は下降傾向にある、The Blockがデータを公開。イギリス当局がステーキングの課税ガイダンスを作成

最新ニュース
今回は、4月1日〜4月7日の暗号資産・ブロックチェーン業界の重要ニュースについて、田上 智裕 氏(@tomohiro_tagami)に解説していただきました。
目次
NFTのピークは既に過ぎ去ったというデータ
イギリスでステーキングの課税ガイダンスが公開
CosmosがIBCをアクティベート
まとめ、著者の考察
今週(4月1日〜4月7日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、The BlockによるNFT市場はピークを過ぎたというデータが話題になりました。アメリカではNFTの販売方法に関してクリプトママが注意喚起を行なったり、イギリスでもステーキングに関する課税ガイダンスが発表されるなど、規制当局もトレンドを追う形で新たな動向を見せています。本記事では、1週間の重要ニュースを解説と共におさらいしていきます。
NFTのピークは既に過ぎ去ったというデータ
米暗号資産メディアThe Blockが、話題のNFTは既にピークを過ぎ去ったことを示すデータを公開しました。
公開されたデータでは、2月21日をピークにその後は1週間あたりの取引量が減少傾向にあるとされています。ピーク時は1億9,640万ドルを超えていた取引量も、3月末には3,432万ドルには下落する結果となりました。
The Blockは、NFT市場には引き続き著名人が参入してきているものの、市場は縮小傾向にあることがあらゆる数字から見て取ることができるとしています。
なお、NFT市場の推移について興味深いのは、そのほとんどがNBA Top Shotと共にあるということです。NBA Top Shotは、CryptoKittiesによってNFTおよびブロックチェーンゲームの市場を開拓してきたDapper Labsの運営するサービスで、NBAと提携することで試合中の得点シーンなどをNFT化して販売しています。
ピーク時1億9,

リンク元

Copied title and URL