スウェーデン中央銀行、デジタル通貨トライアルの第1フェーズを完了

仮想通貨
スウェーデン中央銀行がデジタル通貨第1フェーズ完了を報告
スウェーデンの中央銀行であるSveriges Riksbank(スウェーデン国立銀行)は、デジタル通貨の実証実験の最初の部分を終了した事を正式に発表した。
当局は、スウェーデン人が毎日の購入にe-kronaを使用する前に対処しなければならないいくつかの深刻な問題に遭遇したことを指摘しており、E-kronaパイロットステージ1報告書を通じてこのニュースを発表。銀行は、小売購入を安全に処理できることを確認するため、ブロックチェーンをさらに調査する必要があると考えていると述べている。
銀行は限られた環境ではなく大規模な環境での結果を望む
パイロットの最初のフェーズでは、ブロックチェーンがe-kronaをサポートするためのパフォーマンスニーズを満たしていることがわかったものの、銀行はテクノロジーが限られたテスト環境で達成した結果であると述べている。ブロックチェーンが大規模環境下で小売トランザクションを完全に処理できることを確認するには、さらに調査する必要があるとみている。
また、Riksbankはスケーラビリティの懸念を提起。ブロックチェーンがe-kronaをサポートして、その使用が現金と同様になるようにする必要があると述べた。これに加え、新しいトランザクションを完了するために新しいトークンも作成する必要があり、その過程で大量の情報が発生するため、高性能なシステムが必要になるとみている。
事実を正しく理解するために取り組む
プライバシーに関して、Riksbankは、ユーザーがデジタル決済を行うたびにプライバシーの懸念を提起することなく、ブロックチェーンが単一のコインがトランザクションでどのように使用されたかを監視できる必要があると述べた。
Riksbankプロジェクトを率いるミスラ・サンドバーグ(Mithra Sundb

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL