不動産投資の現地(物件)調査で見るべきポイントは?物件タイプごとに解説

最新ニュース
不動産投資の収益物件を購入するにあたって、物件探しは投資の成否を左右する重要なプロセスといえます。
不動産投資は入居者に居住サービスを提供する賃貸事業です。机上の資料では良さそうな物件という印象であっても、周辺環境や実際の物件の印象を確かめるために現地調査を行い、物件の実態を把握することが大切です。
本記事では、不動産投資の現地調査で見るべきポイントについて、物件タイプごとに分けて解説していきます。
【投資初心者向け】0から学べる不動産投資セミナー7選
目次
不動産投資の現地調査で見るべきポイント
1-1.物件の交通アクセスと周辺環境を確認する
1-2.外観と内装の状態を調べる
1-3.入居状況・管理状況を調べる
一棟物件(マンション・アパート・戸建)の現地調査のポイント
2-1.土地の状況を確認する
2-2.接道の状況を確認する
区分マンションの現地調査のポイント
3-1.マンションの管理実態を確認する
3-2.管理規約や重要事項調査報告書などで気になる部分を確認する
まとめ
1.不動産投資の現地調査で見るべきポイント
すべての物件タイプに共通する現地調査のポイントは、次のような点になります。
物件の交通アクセスと周辺環境を確認する
外観と内装の状態を調べる
入居状況・管理状況を調べる
1-1.物件の交通アクセスと周辺環境を確認する
物件の公共交通機関へのアクセスについて、入居者目線から、実際に歩いてみるなどして確認しておくようにしましょう。
周辺の住環境については、生活利便性の高さというプラス面と、嫌悪施設の存在のマイナス面からチェックしましょう。生活利便性は、近隣にスーパー、ドラッグストアなどの商業施設があるかどうか、病院や学校、役所などの公共施設が近いかどうかなどを確認します。
墓地やごみ処理場、工場、風俗店や飲み屋などが近隣にある場合は入居率にも影響するこ

リンク元

Copied title and URL