AI不動産査定のメリット・デメリットは?利用時の注意点も

最新ニュース
不動産売却を考えている方の中には、「不動産の査定を受けたいけれど不動産会社から営業を受けたくない」「本格的な売却は考えていないけれど、とりあえず目安の査定額だけを知りたい」という悩みを抱える方も少なくありません。
こういったケースでは、AI不動産査定の利用を検討することができます。しかし、AI不動産査定は本当に不動産の売却に使えるのか、他の不動産査定方法と比較してどんなメリットがあるのか、わからない方も多いのではないでしょうか。
本記事では、AI不動産査定を利用するメリット・デメリットや、利用上の注意点などについて解説します。AI不動産査定の利用を検討していた方はご参考下さい。
不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧
目次
AI不動産査定を利用するメリット
1-1.不動産査定の結果がすぐに出る
1-2.利用者の匿名性が高い
1-3.不動産会社から営業されない
AI不動産査定のデメリット
2-1.不動産査定額の精度が低い
2-2.エリアと物件種別によっては使いにくい
AI不動産査定を利用する時の注意点
3-1.正確な査定額を知るためには別の査定と併用する
3-2.直接的な不動産会社の比較はできない
まとめ
1.AI不動産査定を利用するメリット
AI不動産査定を利用するメリットとして、査定額を確認できるまでのスピードと、不動産会社に個人情報を出さなくても良い匿名性、という2点が挙げられます。それぞれ詳しく見て行きましょう。
1-1.不動産査定の結果がすぐに出る
AI不動産査定を利用する最大のメリットは、査定結果が出るまでに時間がほとんどかからないことです。
不動産査定を受けるためには、AI不動産査定の他にもインターネット上で申し込みが可能な「不動産一括査定サービス」の利用や「訪問査定」といった方法があります。
ネット申し込みが可能な不動産一括査定は、査定申込から結

リンク元

Copied title and URL