不動産投資ローン、連帯保証人が必要なケースは?連帯保証人を立てずに取り組む方法も

最新ニュース
不動産投資ローンを組むときに、金融機関から連帯保証人を立てることを求められることがあります。
しかし、連帯保証人となる人にはリスクもあります。連帯保証人を立てずにローンを組めるのであれば、そのような方法も検討したいといえます。
この記事では、不動産投資ローンで連帯保証人が必要なケースについて説明し、保証人になれる人の条件などについても触れていきます。
フルローンや低金利など融資に強い不動産投資会社
目次
不動産投資ローンの連帯保証人と保証人の違い
1-1.保証人には認められる権利
1-2.連帯保証人は返済義務が重い
不動産投資ローンで連帯保証人が必要なケース
2-1.ローン契約者の属性に問題がある
2-2.投資物件の担保価値が低い
2-3.返済能力の観点から投資物件の収益性に問題がある
2-4.投資物件の土地や建物が共有名義である
不動産投資ローンの連帯保証人になれる人の条件
連帯保証人となる人のリスクや団信を比較して慎重に検討しよう
まとめ
1.連帯保証人と保証人の違い
連帯保証人は、主たる債務者への請求を優先してもらう一定の権利を主張できません。連帯保証人は保証人と異なり、ローンの返済義務が重いといえます。
以下で詳細をみていきましょう。
1-1.保証人には認められる権利
ローンの保証人は、ローンの主たる債務者が債務の返済をできなくなった場合、その債務者の代わりに返済する責任があります。ただし、ローンの保証人には、催告の抗弁、検索の抗弁、分別の利益が認められています。
催告の抗弁:債権者からローン返済請求を求められたときに、まずは主たる債務者に請求すべきであると主張できる権利
検索の抗弁:保証人が主たる債務者の資力と執行の容易性を立証して、主債務者の財産に執行すべきであると主張できる権利
分別の利益:保証人が複数存在する場合に、各保証人は債務を平等に分割した限度

リンク元

Copied title and URL