「子ども庁」関連銘柄は、菅首相が創設を後押しする “国策テーマ株”!「子ども庁」の概要が不確定な中で も株価上昇が期待できる「保育」関連の5銘柄を紹介! – 「お宝銘柄」発掘術!

FXトレンドニュース
「子ども庁」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。菅首相が創設を進める「子ども庁」が、株式市場で話題となっています。「子ども庁」は、子どもに関する行政を一元的に担う機関で、菅首相は4月1日、自民党の二階堂幹事長らにその創設に向けて「党でも検討して欲しい」と指示。来週にも、二階幹事長を本部長として、「子ども庁」創設に関する会合を開く予定だと報じられています。銘柄選定においては、テーマの中核である「保育」関連をピックアップしましたが、今後「子ども庁」の具体的な内容が見えてくるにつれ、その他の領域、例えば、デジタル絵本アプリを展開しているアイフリークモバイル(3845)や「子育Techアプリ」を展開するカラダノート(4014)のような「子育て」から「知育」「メンタルケア」のような領域まで物色が広がっていくことも十分考えられます。
Source: ザイ・オンライン

リンク元

Copied title and URL