【為替相場】ドル円は109円を割った後反発も円高傾向は維持 ポンド円も一時150円割れ パウエルFRB議長発言からは特に大きな材料出ず

最新ニュース
1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku2021年04月09日08時17分取得:やる夫今日のポイント:企業決算発表前で株価は様子見~利確の動き多し為替相場には大きな動き、急速な円高進む→ユーロ円は目立った動きなしパウエルFRB議長発言も特に目立った材料なしECB議事要旨も景気回復に関してまだ弱いとの見方、緩和縮小は時期尚早法人税のミニマム税率案、OECD加盟国に送付される→国によって経済回復状況に差があるため、反対が出る可能性もクレディS、ヘッジファンドへの融資厳格化10時30分 中)3月消費者物価指数15時00分 独)2月鉱工業生産21時30分 加)3月新規雇用者数・失業率21時30分 米)3月卸売物価指数1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku おはようございますお。 8日夜遅くにドル円は一時109円割れ。 その後は109.3円程に値を戻しているものの今のところ円高ムードという雰囲気だお。 株価に関しては企業決算前ということもあり、利確や様子見の動きが強めだお。 ただパウエルFRB議長の発言からテーパリングはまだ先との見方もうかがえ、米株価指数は上昇しているお。参考ソース:【米国市況】S&P500連日最高値、FRB議長発言で買い安心感 ECB議事要旨では景気回復の遅れ(米国と比較して)が指摘されていたお。 このことから金融緩和は縮小はまだ先になるとの予想だお。参考ソース:ECB議事要旨:調達環境のタイト化は時期尚早、購入拡大は妥当 イエレン米財務長官が提案する法人税のミニマム税率案はOECD加盟国に送付されたようだお。 また多国籍企業のグローバル課税に関しても言及。 ただし加盟国の経済回復状

リンク元

Copied title and URL