Bitmain、BTCマイニングハードウェアのIP紛争でMicroBTを再び訴え

仮想通貨
Bitmain がMicroBTを再び訴える
世界最大のビットコインマイニングハードウェアメーカーBitmainが競合他社を特許侵害で訴える試みが失敗し、IP盗難の告発で再び訴えを起こしたことが分かった。
中国の知的財産貿易メディアIPEconomyは4月7日(水曜日)、マイニング機器メーカー最大手のBitmainが、深センを拠点とするビットコインマイナーメーカーであり、Bitmainの元チーフチップデザイナーであるヤン・ズオシン(Yang Zuoxing)氏が企業秘密を盗んだとして、MicroBT(比特微)に対し4月7日、北京IP裁判所に訴訟を起こしたと報じた。
Bitmainは、ビットコインマイニング用の特定用途向け集積回路(ASIC)の設計に使用された技術に対してBitmainが授与された特許を侵害したとして、2017年にMicroBTとヤン氏を訴えたことを当時Coindeskが報じている。しかし、この訴訟は2018年に北京知識産権法廷によって却下され、ビットメインの認可された特許も完全に取り消されている。しかし、Bitmainはまだ諦めておらず、今回報じられた新たな民事訴訟では、MicroBTに9,900万元、16億5,000万円もの巨額損害賠償金が要求されている。
Bitmain の主張
2019年以降のMicroBTの成長により、ビットコインマイニングハードウェア市場におけるビットメインの優位性が大幅に低下したため、新しいケースは、2社間の長年の競争に再びスポットライトを当てた格好となっている。
IPEconomyによると、北京知識産権法廷はBitmainに苦情を受け取ったことを通知し、それに応じて調査が続行される。ただし、現時点では初回公聴会がいつ予定されるかは不明である。
レポートによると、Bitmainは、2016年5月に同社主力マイニング機器であっ

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL