【仮想通貨取引所元トレーダーが解説】 BATに投資する上で注目すべきポイントは?

最新ニュース
今回は、BATに投資する上で注目すべきポイントについて、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。
目次
BATとは?
1-1. Braveブラウザで利用可能なトークン
1-2. Braveの特徴
1-3. Braveの開発動向
1-4. BATの価格推移
BATの今後の注目ポイント
2-1. ブラウザとしての利用が広がるか?
2-2. アルトコインとしての流通量
2-3. 短期テクニカル分析は機能しにくい
BATを購入できる仮想通貨産取引所
まとめ
今回は日本の取引所でも取扱いが多く、注目を集めている仮想通貨(暗号資産)である『BAT(ベーシックアテンショントークン)』を取り上げます。BATの特徴から今後の予測、取引における注意点について解説します。
①BATとは?
BATは2017年5月にアメリカのBrave Software, Incにより、イーサリアムブロックチェーン上のERC20規格で発行されたトークンです。供給上限である15億BATが既に発行されており、マイニングや半減期はありません。BATは2020年に、日本の仮想通貨取引所GMOコイン、bitFlyer、コインチェックで上場を果たしています。
1-1. Braveブラウザで利用可能なトークン
BATの最大の特徴としては、Webブラウザ「Brave」上で利用できる点です。「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトを指し、ウィンドウズのInternet ExplorerやグーグルのChromeブラウザが有名です。Braveブラウザは、仮想通貨BATを組み込んだリワードシステムを導入しています。
1-2.

リンク元

Copied title and URL