4月の為替相場の傾向と今後の展開は?ファンドマネージャーによるアルケゴス問題の影響解説も

最新ニュース
2021年3月も、2月に引き続き米金利上昇とUSD買いの展開となり、106円半ばで始まったドル円は、バイデン政権の1.9兆ドルの追加経済対策による景気回復期待とそれを受けた米長期金利の上昇によって日米金利差拡大とともに上昇し、110円を突破しました。米長期金利の上昇スピードが速かったため、FRBがけん制するかどうか市場は注目していましたが、パウエル議長は容認姿勢を取りました。
一方で、FOMCメンバーによる利上げパスを確認してみると、まだ大多数が2023年まで金利据え置きを予想しており、短期金利は引き続き低水準となりました。FRBの緩和姿勢を確認できたことから、長期金利が上昇したにも関わらず、株は底堅く推移しました。
2021年4月も米金利上昇、米株高、ドル高の流れは続くのでしょうか。これらの流れを作り出した材料について、4月の為替相場の傾向とともに解説します。
FXネオのウェブサイトで為替相場を見る
目次
米国追加財政案(2.25兆ドルのインフラ投資)
ワクチン普及スピード
2021年4月以降のリスク材料は?
3-1.アルケゴス・キャピタル・マネジメントの投資損失の影響は?
4月の為替相場のアノマリー
4-1.アノマリーとは
4-2.アノマリーの利用方法
まとめ
1.米国追加財政案(2.25兆ドルのインフラ投資)
1.9兆ドルの追加経済対策への期待と景気回復期待による米長期金利上昇が1月からのドル高・円安をもたらしましたが、経済対策第2弾としてAmerican Jobs Plan(2.25兆ドルのインフラ投資案)が発表されました。
そして4月中頃には、American Families Planによる、更に家庭の教育支援などについての第3弾の追加財政も計画されています。既に第2弾追加財政期待は織り込まれつつあり、金利と株は上昇しUSDも買われています。
しかし、今回は

リンク元

Copied title and URL