楽天「中国市場参入」は幻に、テンセントの出資で“外為法の抜け穴”が露呈 – Diamond Premium News

最新ニュース
楽天グループが中国・テンセント(騰訊控股)の出資を受け入れたことで、日本政府は「監視」を強化する。だが、事前規制をすり抜けた中国企業の投資に対し、事後の監視もできることは限られる。2020年5月に施行したばかりの改正外為法の抜け穴が目立ち始めた。
Source: ダイヤモンド・オンライン

リンク元

Copied title and URL