ミラートレーダーで人気のストラテジー運用を考える[中里エリカ]

FXトレンドニュース
ミラートレーダー2020年12月の成績1位は?
 ストラテジーを選択して自動売買を行う「ミラートレーダー」は、イスラエルのシステム提供会社の「トレーデンシー社」がグローバルに提供している他、国内の会社が提供するストラテジーも組み込んでいる。
 2020年12月現在、ストラテジー決済損益部門で成績が1位だったのは、長年人気を博してきた「ThirdBrainFX」。同部門にランクインした通貨ペアは豪ドル米ドルだが、ミラートレーダーが日本に参入してきた7年ほど前は、豪ドル円で有名なストラテジーだった。 
 このストラテジーを作成したのは、スイスに技術部署を、ブルガリアにカスタマーサポートセンターを置く多国籍企業。開発に当たっては、多くの著名なトレーダーにインタビューしたうえで、トレーダーの行動を再現する「マンマシンインターフェース(機械を操作する際に人間と機械を仲介するシステム)」を用いたという。
 それぞれのストラテジーのプロフィールを紹介する「ストラテジーカード」には、最大四つのポジションを持つ「トレンドフォロータイプ」でスイングトレードを行うと書かれている。ポジション数も多いので、それだけ損失が多く出ることもあるので注意が必要だ。
 ThirdBrainFXと並んで、現在は「QuickShift2」も人気だ。以前から人気があった「QuickShift」の後継ストラテジーとして、15種類もの通貨ペアが取引できるトレンドフォロータイプで、スイングトレードを行う点はThirdBrainFXと同じだが、こちらは一つ以上のポジションは持たない。
 先代のQuickShiftは、1取引あたりの損益幅が大きく、ポジション保有も長めで、全体的に長期で安定した成績を維持し、「損小利大のストラテジー」として人気を誇っていたので、提供者の都合で今年の10月にいったん休止した際には利用者の間にも戸

リンク元

Copied title and URL