英国歳入関税庁、納税者に仮想通貨保有データの収集を開始へ

仮想通貨
英国歳入関税庁が仮想通貨保有者のデータ収集へ
HMRC(英国歳入関税庁)は、脱税と回避の疑いのある納税者から仮想通貨の保有に関するデータの収集を開始すると、英国トップ公認会計士企業であるUHYハッカーヤング(UHY Hacker Young)が主張していることが分かった。
最近の仮想通貨への関心と価値の急増に伴い、UHYハッカーヤングは、HMRCの「資産の陳述」フォーム(調査ですべての納税者の資産の完全な会計を要求するために使用)に、仮想通貨およびその他に関する情報の明示的な要求が含まれるようになると説明した。要求される情報には、ビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)などの仮想通貨、PayPalなどの電子マネーウォレットの資産、メキシコやコロンビアのドラッグカルテルが使用しているとされるシステムであるブラックマーケットペソスなどの「価値移転」システムの資産に関する詳細が含まれるとのこと。
歳入関税庁から資産を隠蔽していることが判明した場合、起訴されることが予想されており、これらの資産に関するデータに対する新たな需要は、HMRCが問題に取り組むための初の試みである。UHYハッカーヤングのデビッド・ジョーンズ(David Jones)ディレクターは次のように述べている。
HMRCは、仮想通貨やその他の認可されていない送金システムの台頭により、隠された富の量が増えていると考えています。この情報の需要は、それに対するHMRCの反撃における重要なステップです。
隠し財産が発覚した場合、刑事告発も視野に
HMRCによる今回のニュースは、英国のリテールバンク(※1)であるNatWest(ナショナル・ウエストミンスター銀行)が2021年4月に、ビットコインやその他の仮想通貨での支払いを受け入れるビジネス顧客とは関わらないことを発表した後に発表さ

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL