住み替えに失敗してしまう原因は?5つの対策ポイント解説

最新ニュース
家の住み替えの失敗例としては、現在の住居を相場より低い価格で売却してしまった、ローンの審査に落ち契約が出来なかったなど様々なケースがあります。
売却活動の期間が短かった、健康上の問題で団体信用生命保険(団信)に加入できずローンの審査にも落ちてしまったなどの原因がありますが、5つのポイントをおさえておくことで失敗する確率を低くすることができます。
本記事では住み替えに失敗してしまう事例と原因、失敗しないための5つのポイントを解説していきます。
不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

家の住み替えに失敗してしまう、失敗例と原因
1-1.相場より低い価格で売却してしまった
1-2.タイミングが合わずに予想外の出費が生じた
1-3.新居に関する失敗
1-4.住宅ローンの問題
住み替えで失敗しないためのポイント5つ
2-1.「買い先行」と「売り先行」を決めておく
2-2.購入と売却を同じ不動産会社にすることを検討する
2-3.複数の不動産会社を比較する
2-4.金融機関を複数あたってみる、住み替えローンの検討
2-5.リフォーム・リノベーションという選択肢も検討してみる
まとめ
1.家の住み替えに失敗してしまう、失敗例と原因
家の住み替えにおける失敗例としては、主に下記の4つに分類されます。
現在の住居の売却価格
住み替えのタイミング
新居関連
住宅ローン
住み替えの失敗は二重ローンや相場より低い価格で売却してしまったなど経済的な損失だけではなく、新居の見学を十分に行う時間が無く駅からの時間を妥協して後悔した、引っ越しが2回必要になり不便だったなどの失敗例があります。それぞれ詳しく見て行きましょう。
1-1.相場より低い価格で売却してしまった
早く引っ越す必要があったため住居を相場より低い価格で売却してしまった、不動産会社が物件の宣伝に弱く、低い売却価格で売ってし

リンク元

Copied title and URL