路線価で不動産の査定価格を計算する手順は?具体例を5つ解説

最新ニュース
不動産の査定価格を自分で計算したいという場合、路線価から計算する方法があります。
路線価は、国税庁が不動産の課税価格を計算するために公表している価額で、全国の土地の査定価格を、推計することができます。不動産会社の査定や金融機関の担保評価などの際にも利用されるため、不動産オーナーや投資家であれば計算方法を知っておきたいといえます。
この記事では、路線価で不動産の査定価格を計算する方法について、5つの具体例を挙げて解説していきます。
不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧
目次
路線価と路線価の調べ方
1-1.路線価とは
1-2.路線価の調べ方
路線価で不動産の評価額を計算する方法
2-1.1路線のみに面しており奥行補正がある場合
2-2.1路線のみに面しており間口が狭小である場合
2-3.1路線のみに面しており不整形である場合
2-4.正面と側方で2路線に面している場合
2-5.正面と裏面で2路線に面している場合
路線価の評価額から査定価格を推計する
路線価から自分で不動産査定をするのが難しい場合
まとめ
1.路線価と路線の調べ方
路線価で不動産の査定価格を計算する方法を説明する前提として、まずは路線価の意味と、路線価の調べ方について説明します。
1-1.路線価とは
路線価とは、相続税や贈与税の課税価格を算定するために、毎年7月頃国税庁が公表している価格基準です。1月1日を評価時点として地価変動などを考慮し、公示地価の8割を目安に、全国の道路に価格を設定します。路線価は、その道路に接する標準的な宅地の1m2単価(千円単位)になります。
1-2.路線価の調べ方
該当する住所の近隣路線価図は、国税庁ウェブサイト「財産評価基準書 路線価図・評価倍率表」から、住所検索をすることによって調べることができます。
路線価図のなかで、道路に付された数字が、その道路に接する土地の

リンク元

Copied title and URL