ソーシャルレンディング、募集案件数の多いサービスは?4社比較して紹介

最新ニュース
日本には多くのソーシャルレンディングサービスがあり、それぞれ特徴がありますが、募集案件数についても、多い・少ないなど特徴が分かれています。
募集案件数が少なすぎるソーシャルレンディングサービスは投資機会を損失してしまうこともあります。定期的に募集を行っていたり、すぐに募集が終了してしまわない募集金額の大きなサービスも並行して検討することが大切です。
そこで本記事では、比較的に募集件数の多いソーシャルレンディングにはどのようなサービスがあるのか、募集頻度などを見ていきます。ソーシャルレンディングでの投資を検討していた方はご参考下さい。
※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定会社・特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。
目次
募集案件数が多いソーシャルレンディングサービスの特徴
1-1.投資金を遊ばせる時間をなくせる
1-2.色々な案件に投資してリスク分散できる
1-3.早期償還が起きても対応しやすい
募集案件数の多いソーシャルレンディング4社
2-1.クラウドバンク
2-2.クラウドクレジット
2-3.LENDEX
2-4.Funds
まとめ
1.募集案件数が多いソーシャルレンディングサービスの特徴
募集案件数が多いソーシャルレンディングサービスには、投資家とってどのようなメリットがあるのかその具体的なポイントをご紹介します。
1-1.投資金を遊ばせる時間をなくせる
募集案件数が多いソーシャルレンディングを利用すれば、投資家は自分の資金を遊ばせる時間が短くなります。
ソーシャルレンディングは運用期間が定められており、運用の状況次第で早期償還も起こりえます。運用している案件が終了したら、すぐに次の投資案件を見つけられないと資金を遊ばせることになってしまい運用益が生ま

リンク元

Copied title and URL