投資信託、分配金の仕組みと分配ありファンドのメリット・デメリット

最新ニュース
投資信託(ファンド)には、“分配金あり”と“分配金なし”の2種類があります。分配金とは株式でいう配当金、債券でいうクーポンに相当するものです。分配金の頻度は、毎月のものから年1度のものまでファンドによりさまざまです。
“分配金なし“の投資信託は、分配金を再投資(複利運用)することで、長期的に大きな資産を築くことができる可能性が高まります。配当金の1,000円を30年3%で複利運用すると30年後には2,427円になります。このように、毎回の分配金を受け取らずに運用することで、将来大きな資産を形成することができるというわけです。
今回は、分配金の仕組みや“分配金あり”ファンドのメリット・デメリットをみていきましょう。
楽天証券で投資信託を探す
※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定会社・特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。
目次
分配金の仕組み
分配金の種類
2-1.普通分配金
2-2.特別分配金
分配金ありファンドのメリット
3-1.定期的に分配金が支払われる
3-2.自身で複利運用ができる
分配金ありファンドのデメリット
4-1.複利効果を享受しづらい
4-2.基準価格は分配金支払いごとに下落傾向
4-3.分配金は課税対象
まとめ
1.分配金の仕組み
投資信託の分配金の原資は、投資信託が投資をしている株式や債券の売買に伴う利益(キャピタルゲイン)と、株式の配当金や債券の利息(インカムゲイン)です。これらが投資信託を購入している投資家に分配されます。運用成績が良いファンドほど分配金が多く支払われますが、運用成績が悪いと減額されるため、分配金額は常に一定ではありません。
2.分配金の種類
分配金には普通分配金と特別分配金の2種類があります。それぞれ見ていきましょ

リンク元

Copied title and URL