売れないマンションを早く手放したい…見直すべき不動産売却ポイント7つ

最新ニュース
「マンションが売れない」「早く売却してしまいたい」という方の中には、売却を焦るあまりに相場より低い価格で売却してしまうケースも見られます。
売れないマンションの中には売り出し価格を下げた方が良い物件もありますが、タイミングや宣伝方法など他の要因で売却が成立しない可能性もあります。多角的な視点で売却を見直すことで適正な価格で売却できる可能性を高めることに繋がります。
この記事ではマンション売却の流れと売れないマンションを見直す売却のポイント7つを解説していきます。
不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧
目次
マンションの売却の流れ
マンションが売却できない時に見直すべきポイント7つ
2-1.マンションの売り出し価格が適切であるか
2-2.競合物件との差別化
2-3.効果的な宣伝ができているか
2-4.囲い込みをされていないか
2-5.住宅ローンの審査に通るか
2-6.内覧時の部屋の状態に気を付ける
2-7.マンション売却のタイミング
まとめ
1.マンションの売却の流れ
まずは大まかなマンション売却活動の流れを把握しておきましょう。
マンションの相場を調べる
複数の不動産会社に査定を依頼
数社に絞り再び査定を依頼
不動産会社を選び媒介契約を締結
売り出し価格を決定、販売活動をスタート
購入希望者と価格や諸条件について話し合う
売買契約の締結
物件の引渡し・決済
マンションの相場は主に以下のサイトで、周辺のマンションの成約価格・売り出し価格を参考にしてみましょう。
レインズマーケットインフォメーション
土地総合情報システム
築年数や構造・床面積など諸条件が類似した物件を参考にすることで、所有するマンションの取引価格の相場を推測することができます。ただし、マンションの価格は個別事由の影響も大きいためあくまでも参考価格として捉えておきましょう。
相場に沿ったマ

リンク元

Copied title and URL