楽天証券、信用取引の評判は?手数料や始め方、審査基準、キャンペーン情報も

最新ニュース
株式投資では株を「買って」から「売る」のが基本ですが、「売り」から取引を始められるのが「信用取引」の特徴です。中でも楽天証券の信用取引は、手数料が安く、取引数に応じてポイントも貯められるほか、保有している株を証券会社に貸し出すことで金利を得られる貸株サービスも利用できます。
この記事では、楽天証券の信用取引について、メリット・デメリット、評判、始め方を詳しく紹介します。信用取引に関心のある方、楽天証券を検討している方はご参考ください。
楽天証券のウェブサイトを見る
※この記事は2021年4月27日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。
目次
楽天証券の信用取引の特徴
楽天証券の信用取引のメリット
2-1.手数料・貸株料が安い
2-2.3.3倍のレバレッジで取引できる
2-3.楽天ポイントを貯められる
2-4.貸株サービスで金利収入を得られる
2-5.現金以外の資産を効率的に活用できる
楽天証券の信用取引のデメリット
3-1.元本保証ではない
3-2.追証の発生
3-3.仕組みが複雑
楽天証券の信用取引の評判
楽天証券の信用取引の始め方
5-1.口座開設に必要なもの
5-2.口座開設・取引開始までの手順
5-3.信用取引口座開設時の審査基準について
まとめ
1 楽天証券の信用取引の特徴
「信用取引」とは、現金や株式を担保として証券会社に預け、お金や株券を借りて取引する取引方法です。一定の担保を預けることで、現金や株がなくても取引を行うことが可能で、株価の値下がり局面でも「売り」から取引を始めていれば利益を狙うことができます。また、最高で約3.3倍のレバレッジをかけることができ、資産効率を高められるのも特徴です。
楽天証券の信用取引では、証券会社が諸条件と銘柄を決める「一般信用取引」と、証券取引所により条件が定められている「

リンク元

Copied title and URL