ドイツの金融規制当局は、Binanceの株式トークンの提供について警告を発します

仮想通貨
BaFinがBUSDについて警告
BaFin(ドイツ連邦金融監督庁)は、4月28日(水曜日)に公開された通知の翻訳版で、仮想通貨取引所Binanceによって、最近発表された株式トークンサービスに関連し、ドイツ連邦の証券法に違反している可能性があると示唆したことがわかった。
当NEXTMONEYの4月22日付特集記事「EU規制当局、証券法の遵守についてBinanceを精査か」で報告したように、Binanceは、バイナンスUSD(Binance USD/BUSD)と呼ばれるステーブルコインで決済される株式トークンサービスのリリースを発表しており、これが証券法に違反している可能性があるとのこと。これは、22日の時点では、ヨーロッパとイギリスの規制当局によって調査されていると海外メディアも報じている。
BUSD は目論見書を提出するのか
理論的には、Binanceが購入した実際の株式によって1:1で裏付けられており、BUSDは通常の株式と同様に動作。さらに、通常株式と同じように仮想通貨で配当を支払う仕組みであると説明されている。
通知によると、承認された目論見書のない証券の公募は、例外が適用されない限り、EU目論見書規則の第3条第1項に基づく目論見書義務を違反となる。目論見書の要件に例外の兆候はないとのこと。公式ウェブサイトに公開された法的見解によると、BaFinは、ブロックチェーンで交換されているかどうかに関係なく、Binanceがテスラのような上場企業の株式を発行することによって証券法に違反すると考えているとみられる。
BaFinは、世界最大手仮想通貨取引所であるBinanceが、証券の目論見書を発行しなかった場合、最高500万ユーロ(約6億5,000万円)の罰金と刑事事件の罪を科せられる可能性があると主張している。BaFinの声明によると、従来の機関が提供する証券と、B

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL