リップルCEO、米国の仮想通貨に関する規制の明確さの欠如に「苛立たしい」

仮想通貨
リップルCEOが米国の仮想通貨規制の明確さの欠如を指摘
リップルのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)CEO(最高経営責任者)は、米国の仮想通貨規制の明確さの欠如は「苛立たしい」と述べたことが分かった。
リップルのガーリングハウスCEOは、米国の仮想通貨規制が明確になっていない現状に対し、「苛立たしい」と語った。仮想通貨XRPで知られるフィンテック企業は、当NEXTMONEYの特集記事「米SEC、リップル社へ13億ドルの訴訟=未登録証券の販売」で報じたように、2020年12月23日付で、XRPを作成したRipple Labsと、共同創設者のクリスチャン・ラーセン(Christian Larsen)氏およびブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)現・CEO(最高経営責任者)に対し、未登録証券の継続的な提供で13億ドル以上を調達したとして、マンハッタンの連邦地方裁判所に訴訟が提出された。この一見以来、SEC(米国証券取引委員会)とのハイステークスの法的な争いに巻き込まれている。
ガーリングハウス氏はSECとの法廷闘争にイライラ
ガーリングハウス氏は、アジアの国々とは異なり、米国はまだ仮想通貨に関する明確な規制ガイドラインを提供していないと述べており、規制の枠組みが不明確なままである例として、SECとの同社の進行中の法廷闘争を挙げ、次のように語っている。
皮肉なことに、米国では、彼ら(規制当局)は同じ明快さを提供していません。XRPが通貨以外のものであると言ったのは地球上で唯一の国です。XRPはセキュリティです。そのため、現在、法廷での話し合いを行っています。これまでのところ、それがどのように進んでいるかについては満足していますが、確かにイライラします。
昨年12月に提出された申し立ての中でSECは、リップルが投資家にオファー

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL