SPK(7466)、24期連続となる「増配」を発表し、 配当利回り3.07%に! 配当額は24年で5.3倍に増加、 2022年3月期は前期比3円増の「1株あたり40円」に! – 配当【増配・減配】最新ニュース!

FXトレンドニュース
SPK(7466)が24期連続の「増配」を発表し、配当利回りが3.07%に! SPKは2022年3月期の配当(予想)を「1株あたり40円」と発表し、前期比「3円」の増配で「24期連続増配」の見通しとなった。年間配当額は24年で5.3倍に増加する見込み。SPKは配当について、「連続増配も意識しながら、業績に連動した、従来以上に積極的な株主還元に努めてまいりたい」としている。また、SPKの2022年3月期の業績予想は、前期比で「増収・増益」となっていることから、堅調な業績予想を背景に、今回の「増配」が決まった形だ。なお、2021年3月期に達成した連続増配期間「23期」という記録は上場企業の中で2位にランクインする記録となっている。(SPK、コード:7466、市場:東証1部)
Source: ザイ・オンライン

リンク元

Copied title and URL