【米国株】「GAFAM」は割安な今が買いのチャンス! 2021年第1四半期のグーグル、アップル、フェイスブ ック、アマゾン、マイクロソフトの決算を詳しく解説 – 世界投資へのパスポート

FXトレンドニュース
米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 米国では2021年第1四半期の決算発表シーズンを迎えていますが、4月30日までにS&P500指数採用銘柄の約60%が決算発表を終えました。そのうち86%の銘柄がEPSで、78%の銘柄が売上高で予想を上回りました。これは好調な滑り出しと言えます。また、ポジティブ・サプライズ出した企業の株価は、平均で+0.9%上昇しました。これは例年の平均とあまり変わりません。注目されるGAFAM、つまりアルファベット(グーグル)、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトに関しては、すべて良い決算でした。それぞれ、詳しく解説していきましょう。
Source: ザイ・オンライン

リンク元

Copied title and URL