トレーダー視点から見たビットバンク(bitbank)の特徴・メリットとは?

最新ニュース
今回は、トレーダー視点でみたビットバンク(bitbank)の使い方について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。
目次
ビットバンクの概要
ビットバンクの特徴
トレーダー視点でみたビットバンクのメリット
まとめ
今回は取引手数料が安く仮想通貨取引量が国内ナンバーワンのビットバンク(bitbank)について解説します。
①ビットバンクの概要
ビットバンクはビットバンク株式会社が運営する2014年5月に設立された国内4番目の仮想通貨取引所です。ビットバンクの2021年5月現在の取り扱いコインは以下の9種類となります。
ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCC)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシック アテンショントークン(BAT)
取引市場としては、JPY建てとBTC建てのペアで全部で17種類あります。最低取引数量は、すべての通貨ペアで0.0001単位のため、執筆時点のレートでBTC/JPYは数百円から取引を行う事が可能です。また、最大取引数量はビットコインの場合で1,000 BTCとなっています。
ビットバンクはアルトコインに強い取引所として知られており、全ての仮想通貨で板取引でのトレードが可能です。ビットバンクが提供する板取引は販売所よりもスプレッドが抑えられる利点があります。手元で確認したところ「取引所」のスプレッドはビットコインで0.07%、モナコインで0.3%と非常に低い範囲となっています。中には1円未満の注文単位からお試して購入でき

リンク元

Copied title and URL