【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴・現況と今後の展望

最新ニュース
今回は、BATの現況と今後の展望について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。
目次
BATとは?
Braveの3つの特徴
2-1. 読み込み速度が圧倒的に早い
2-2. ネット広告のトレースから逃れる事ができる
2-3. Brave上で広告を閲覧することで報酬が受け取れる(対象国のみ)
BATの現状
BATの今後
4-1. bitFlyerとの連携サービスで利用が拡大
4-2. DeFiやNFT分野との連携
まとめ
日本の仮想通貨取引所で取扱いが増えたことで注目が高まっているBAT(ベーシック・アテンション・トークン)ですが、今回はBATの現状と今後の展開について解説します。
①BATとは?
まずはBATとそのプラットフォームであるBraveについて基礎的な事項を解説します。BATはBasic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン)の略で、2017年5月にアメリカ・サンフランシスコにあるBrave Software, IncによりERC20トークン規格で発行されました。トークン発行枚数は15億BATで、全て発行済みとなっています。最大の特徴はBraveというウェブブラウザをプラットフォーム上で使用されるトークンであるという点です。
WEBブラウザはインターネットのホームページを表示するソフトウェアの総称で、GoogleのChromeやAppleのsafari、Windows Internet Explorerなどが有名です。BATを理解する為にはBraveブラウザの仕組みを知る必要があるため、まずはBraveの特徴について詳しく解説しま

リンク元

Copied title and URL