サザビーズ、Coinbaseと協力してバンクシー絵画の仮想通貨受け入れへ

仮想通貨
サザビーズがバンクシー絵画の仮想通貨決済を受け入れへ
ニューヨーク州で世界初のファインアートオークションハウスであるサザビーズ(Sotheby’s)は、Coinbaseと協力し、新しい支払いオプションとして、仮想通貨を受け入れることを発表した。
このオプションでは、主要オークションハウスで初めてビットコイン(Bitcoin/BTC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)が物理的な絵画の支払いとして可能になった。この画期的な開発は、世界最大の仮想通貨取引所の1つであるCoinbaseとのコラボレーションによるものである。Coinbase Commerceを介して仮想通貨を受け入れるという決定は、サザビーズが暗号化技術の採用でファインアート市場をリードし続け、オークションハウスの可能性を再考して拡大することを目的としているため、重要な次のステップを示している。
なお今回のバンクシー(Banksy)作品「LoveIsIn The Air」は、5月12日にニューヨークでオークションにかけられる予定で、300万ドル~500万ドル(約3億2,800万円~5億4,600万円:35BTC~53BTC)で売れるのではないかと推定されている。
仮想通貨に積極的なサザビーズ
米ドルによる支払いに固執していると言われているものの、サザビーズが仮想通貨を扱ったのはこれが初めてではない。
当NEXTMONEYの特集記事「デジタルアーティストPak、NFTを燃やして手に入れる新しいトークンを発売」で報じているように、Pak氏とサザビーズが共同で「TheFungibleCollection」NFTを期間限定で独占販売している。また、サザビーズのライバルであるChristie’s(クリスティーズ)も仮想通貨に移行しており、Christie’sは3月、米国のデジタルアーティストBeepleの

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL