東南アジア最大銀行DBS、仮想通貨取引所の取引量が10倍に

仮想通貨
DBS銀行の仮想通貨取引所取引量が10倍に
東南アジア最大の銀行であるDBS銀行(元、シンガポール開発銀行)によると、取引所での仮想通貨取引量が10倍に増加。約3,000万ドルから4,000万ドル(約32億3,800万円から43億7,700万円)になった事を公表した。
また同銀行は、ブロックチェーン決済プラットフォームでJPMorganと協力しており、第2四半期に最初のセキュリティトークンオファリングを開始する予定であるとCEOが明らかにしている。このニュースは、当NEXTMONEYの特集記事 「JPモルガン、DBS銀行、テマセクが新たな決済プラットフォームを設立」で報じたように、JPモルガン、DBS銀行、シンガポール政府所有の投資会社テマセク(Temasek)が協力し、新しい共同決済ベンチャーを設立して高い関心が寄せられている。
DBSの暗号ビジネスは大幅な成長を見ている
シンガポールに本社を置く大手金融サービスグループであるDBSは、先週の第1四半期の決算に関するメディアブリーフィングで、仮想通貨取引きのパフォーマンスについて話している。
同銀行は2020年12月に仮想通貨取引所の開始を発表した際、DBSBankのパイユシュ・グプタ(Piyush Gupta)CEO(最高経営責任者)は次のように語った。
当社のデジタル交換機能はCoinbaseによく似ています。違いは、Coinbaseがマスマーケットの小売りであるのに対し、認定投資家や機関投資家にこれを提供することで慎重に取り組んできたということです。第1四半期の保管中資産は8000万ドルで、取引量は10倍に増えて3000万ドルから4000万ドルになりました。120人の顧客がいて、さらに数百のパイプラインがあります。第2四半期に最初のセキュリティトークンオファリングを行うことを望んでいます。
同銀行は立ち上げ時、「

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!
Copied title and URL