SBIネオトレード証券、IPO取引の評判は?メリット・デメリットも

最新ニュース
SBIネオトレード証券は手数料の安さなどが特徴のネット証券です。最近はIPOの取扱銘柄数も増えてきているため、IPO取引のための証券会社として注目している方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、SBIネオトレード証券のIPO取引の特徴、メリット・デメリット、評判、始め方について詳しく解説します。IPO取引に関心のある方、SBIネオトレード証券を検討している方は、ご参考ください。
SBIネオトレード証券のウェブサイトを見る
※本記事は2021年5月時点の情報をもとに執筆されています。最新の情報については、ご自身でもよくお調べの上、ご利用を判断ください。
目次
SBIネオトレード証券のIPO取引の特徴
1-1.混合抽選方式の採用
1-2.購入代金が無くても抽選に参加できる
SBIネオトレード証券のIPO取引のメリット
2-1.初値売却で利益を狙いやすい
2-2.誰にでも当選のチャンスがある
2-3.コストを抑えたIPO取引が可能
2-4.NISA口座での取引も可能
2-5.SNSでIPOの取扱開始を知らせてくれる
SBIネオトレード証券のIPO取引のデメリット
3-1.ステージ別抽選は高い資金力が必要
3-2.過去のIPO実績は豊富でない
SBIネオトレード証券のIPO取引の評判
SBIネオトレード証券のIPO取引の始め方
5-1.証券総合口座の開設
5-2.IPO株の申込み
まとめ
1 SBIネオトレード証券のIPO取引の特徴
SBIネオトレード証券は、2021年1月1日に旧ライブスター証券から商号変更した証券会社です。現在はネット証券大手のSBI証券を傘下に持つSBIグループの一員として運営されています。
SBIネオトレード証券では、現物株や信用取引、先物取引、投資信託などの様々な金融商品の取引が可能です。IPO銘柄は2017年から取扱い開始となり、取扱銘柄

リンク元

Copied title and URL