【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】ビットコインやイーサリアムの取引で利用できるテクニカル指標

最新ニュース
今回は、ビットコインやイーサリアムの取引で利用できるテクニカル指標について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。
目次
テクニカル分析とは
トレンド系のテクニカル指標
オシレーター系のテクニカル指標
まとめ
FX取引や株取引などと同様に、仮想通貨(暗号資産)の取引でも様々なテクニカル分析が使用されています。特にビットコインやイーサリアムは中心的な仮想通貨であり、取引高も安定しているためテクニカル分析が利用しやすいです。今回は「ビットコインやイーサリアムの取引で利用できるテクニカル指標」について解説します。
①テクニカル分析とは
テクニカル分析とは過去の価格や出来高などの要素から、未来の価格を予測する分析手法です。数字に基づいた理論的な計算ではあると同時に、テクニカル分析には相場に参加する人々の心理状態が凝縮されています。特に相場の均衡が崩れて大きな値動きを起こすタイミングでの人間の行動には強い一貫性が見られます。
テクニカル分析は大きく分けてトレンド系とオシレーター系に2分されます。ここからは順番にテクニカル分析の種類を解説していきます。
②トレンド系のテクニカル指標
「トレンド」とは相場に発生している値動きの傾向のことです。トレンド分析のために使う指標をトレンド系と呼びます。ある期間に価格が上昇を続けてチャートの形が右肩上がりになっていることを上昇トレンド、価格が下落を続けてチャートの形が右肩下がりになっていることを下落トレンドと言います。
また、価格が一定の値の範囲で上下を繰り返している相場の状態のことをレンジ相場と呼びます。
このように、相場はトレンド相場とレン

リンク元

Copied title and URL