【インタビュー】金融リテラシー協会の取り組みから詐欺のリアルな実態・今後の見通しまで聞いてみた

FXトレンドニュース

お話を聞いた人

山中康司(やまなかやすじ)
982年アメリカ銀行入行、為替トレーディング業務に従事し1989年VP、1993年プロプライエタリー・マネージャーとして為替、債券、デリバティブ等の取引に携わる。
1997年日興証券に移り、1999年日興信託銀行為替資金部次長として為替トレーティングとセールスを統括。2002年金融コンサルティング会社アセンダントを設立、取締役。
為替情報配信、セミナー講師、コンサルティングをつとめ「テクニカル指標の読み方・使い方」等著書も多数。2018年11月に金融リテラシー協会代表理事に就任。
一般社団法人 金融リテラシー協会は、国内の金融リテラシー向上のため、情報発信・講演会・研修会・ウェビナーの実施をおこなっています。
海外に比べて遅れを取っていると言われている日本の投資の知識や金融教育ですが、近年では“投資で楽して稼ぐ=悪”という認識が強かった日本人の投資欲が向上しており、それにともないリテラシー向上の必要性も高まっています。
今回は、金融リテラシー協会の山中康司 代表理事へインタビューをおこない、一般向けの取り組みやコロナ禍の現状、今後の見通しに関して話を伺いました。
(以下、インタビューの内容になります。)
金融リテラシー協会の設立目的・主な活動
―まずは、金融リテラシー協会の設立目的についてお聞かせください
当協会の活動は、簡単に言えば日本人の金融分野のリテラシーを向上させて、投資詐欺を抑制することを目的にしています。
よくTVニュースや経済誌で、日本の金融リテラシーは低いと言われます。投資詐欺を持ち掛けられても、詐欺と見抜けず騙されるケースは多いです。
こうした状況を見て、実際に投資業界に関わってきた我々が率先して詐欺をなくす活動をしなければいけないと思って立ち上げたのが、金融リテラシー協会です。
―日本人の金融リテラシ

リンク元

Copied title and URL