コインチェックが実施するIEOとは?第一弾のパレット(PLT)について押さえよう

最新ニュース
今回は、コインチェックが行うIEOについて、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。
目次
IEOの概要
IEOのメリット・メリット
Coincheck IEO 第一弾「パレット(PLT)」
まとめ
仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックは、国内で初めてIEOプラットフォーム「Coincheck IEO」をオープンする旨を発表しました。IEOとは資金調達を目的とするトークンセールの一種です。今回はIEOの仕組み、そしてCoincheck IEOで資金調達を行うプロジェクトについて解説します。
①IEOの概要
まずはIEO(Initial Exchange Offering)の概要について解説します。IEOとは、プロジェクトの資金調達を目的に仮想通貨取引所のユーザーを対象に行うトークンセールです。セール後にはトークンが仮想通貨取引所で上場するため、証券会社が幹事となって株式を公開するIPOと似た仕組みになっています。
IEOは、以下のようなプロセスで実施されます。
プロジェクトがトークンを発行
仮想通貨取引所がトークンを引き受け、指定価格で投資家に販売
仮想通貨取引所でトークンが上場、一般取引が開始される
②IEOのメリット・メリット
投資家としては仮想通貨取引所のデューデリジェンスをクリアした信頼性の高いプロジェクトの資金調達に参加できます。プロジェクトとしては、早い段階で取引所の正規ユーザーにリーチできます。このようにIEOはプロジェクトにとっても投資家にとっても相互にメリットがある仕組みとなります。

メリット
デメリット

・販売主体が仮想通貨取引所

リンク元

Copied title and URL