サーキュラーエコノミーと投資を知ろう。「Circular Economy Hub」のオンライン学習プログラム「Circular X」6月22日開催

最新ニュース
ハーチ株式会社が運営するサーキュラーエコノミー(循環経済、CE)専門メディア「Circular Economy Hub」で第3回目のオンライン学習プログラム「Circular X」が6月22日午後7時から開催される。今回は「サーキュラーエコノミーとファイナンス」をテーマに、注目を集めるCEへの投資について、金融の役割や最新動向を解説する。オンライン会議ツール「Zoom」を利用、定員30名(先着順)、参加費用は一般3000円、会員は無料。
プログラムは午後7時5分からCircular Economy Hubメンバーによる解説(10分)、同15分からゲストスピーカー2人による解説(各30分)、午後8時15分から質疑応答/パネルディスカッション(30分)、同45分から「ブレイクアウトルーム」によるネットワーキング(15分)を予定している。
ゲストスピーカーは、「サーキュラー・エコノミーに係るサステナブル・ファイナンス促進のための開示・対話ガイダンス」を公表した経済産業省の産業技術環境局資源循環経済課長の横手広樹氏、CEに特化したファンド「野村ブラックロック循環経済関連株投信(愛称:ザ・サーキュラー)」の取り扱いを開始した野村アセットマネジメント株式会社のアドバイザリー運用部部長の河邉隆宏氏。
経産省のガイダンスは世界初のCEに特化した公的機関主導の開示・対話のための資料として策定され、企業が、投資家から適切な評価のもと投融資を呼び込むためのガイダンスとしての役割が期待されている。一方、野村証券は2020年7月、CEの観点に特化したファンドとして野村ブラックロック循環経済関連株投信の取り扱いを開始。2021年5月21日時点の純資産残高は約1700億円となっている。河邉氏は、同ファンドのポートフォリオ構築プロセスに加え、ファイナンスの観点からCEへの移行について解説する予定だ。
オン

リンク元

Copied title and URL